--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
ランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
スポンサー広告
2015/04/20.Mon

猫たちの受難

家のDIYぷちリフォームのため夫が外と和室を行き来していた時
それは起きた。

「誰やーー! ドア開けたの!!」

どこからかキレ気味の夫の声がする。

「ええっ、脱走!?」

エルかモモか両方か?

リビングでテレビを見ていた私は
その声が外から聞こえたのかと思い
あわてて玄関に向け走り出した。

すぐに目に入ったのは和室からこっちに向かって逃げてくるエル。
その引き戸はネコ幅分開いている。

もしや?と和室をのぞくと床下点検口からにょろりと出てきた小汚い夫。
その奥で白い影が一瞬見えてささっと消えた。

ここでやっと騒ぎの顛末を理解した私。

モーたん、床下入っちゃったよー 

夫はエルが和室の引き戸を開けられるって知っていたはずだ。
それなのに私に何の報告もせず鍵もかからない引き戸を閉めただけで
床下にもぐってたなんて、のんきすぎるだろ。
ふつふつとわいてくる怒り。

「誰や?って、エルやーー

今さらキレの倍返しで質問に答えてもどうにもならない。

とりあえず穴から何度も呼んでみた。おやつの袋を振ってみたり。
でも全然反応なし。
モモは野良っこの経験があるからかとても警戒心が強い。
普段から捕まえようとしてもすぐ逃げて捕まらないというのに。

ひとまず和室が気になって仕方ないエルを2階の寝室に閉じ込め
リビングで静かにして様子を見る。
が、
その間2階で “ 開けてー ” と鳴き続けるエル。
あっちは内開きドアなので絶対開けられないのだ。
実は以前、出勤前知らずにエルを閉じ込めてしまったことがあり
夕方帰ったらドアを掻きむしっていて爪を1本抜く事態になった経験がある。

またそんなことになってはいけないとドアを開けた途端
エル、和室に向かって猛ダッシュ。
そっちはダメ!と止めても何度も。
あんまりしつこいので和室の戸を押さえながら
エルを自由にしたら

すぐ脇の猫トイレに飛び込んだ。

あ、ごめん、そっちだったのね 

しかも おっきい ほう。

どうりで焦って行きたがったはずだ。 ほんとごめん。

その後やっぱり和室に入りたがるエルの見張りをしつつ待った3時間。
一向に出てくる気配はない。
このまま気長に待つわけにはいかないと判断し
かわいそうだけど無理やり捕獲することに。

まずは大きな紙袋を持って入った夫。 えぇ?
「モー、こっちおいで、ほら、ここ入って」
床下から間抜けな声が響く。
ほどなくして
「あかんわ」 と。
そりゃそうやろ。

次に買ってきた防鳥ネットを持って入る。
またしばらく変な声が響き
「ネットにくるんだけど噛まれて逃げられたー」 と。
腕には歯形やらみみず腫れやら。
あー、もう!モモどんだけ恐怖だったろう。

3度目はさっきのネットとペットキャリー。
狭いところに追いつめて開いてるほうをネットでふさいでキャリーに追い込む作戦だ。
いい加減寝板の操縦がうまくなってきた夫。
陸サーファーよろしく順々に束をつかみながらスイスイ進み、
いい場所に追い込んだ(らしい)。
足もとにキャリーを置いて頭の上でネットを広げてもたもたしているうちに
モモ、自らキャリーにIN。

運よく 捕獲成功ーー!!

あー、よかった。
どうなることかと思ったよ。


夫と同じくらい小汚くなって出てきたモモ。

DSC074251.jpg
汚れもホコリも見事吸着( ̄ρ ̄) モップ猫

こんな汚いけどモモの風呂嫌いは尋常ではない。
入浴は諦め、濡れタオルで拭き拭きしたら
あとは自力できれいになってください。

DSC074341.jpg
私のこと グレ子 と呼ぶのはやめてほしいわ


怖い思いをさせてごめんね、モモ。
エルも、う○ち我慢させてごめん。

この後は夫にお説教と自分にも戒めを。
猫たちを危険にさらすことがないよう念には念を入れて行動するように。


猫飼いの皆さん、多頭飼いだとなおさらやっかいです。
こんなことにならないように、どうかお気をつけて。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
ランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
にゃんこ | Comments(6) | Trackback(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。